区分と支給限度額

介護サービスを利用したときの費用

介護保険のサービスを利用したときの自己負担は、サービス費用(サービス内容や要介護度等により異なります)の1割となります(9割は介護保険より給付されます)。

自己負担額
通所サービス
(デイサービスなど)
サービス費用の1割の他に、各施設ごとで設定された日常生活費や食費が別途かかります。この日常生活費や食費は、介護保険の対象外のため、全額自己負担となります。
短期入所サービス
(ショートステイ)
や施設サービス
サービス費用の1割の他に、各施設ごとで設定された日常生活費、食費、居住費が別途かかります。この日常生活費、食費、居住費は、介護保険の対象外のため、全額自己負担となりますが、所得の低い方を対象とした食費と居住費の軽減制度があります。
福祉用具購入費
および住宅改修費
購入および改修費用(それぞれ対象項目や上限額が設けられています)の1割が自己負担となりますが、償還払い(いったん費用全額をお支払いただき、その後領収書等をもとにして、残りの9割分を払い戻す方法)になります。

在宅サービスを利用したときの限度額

在宅サービスでは、要介護状態区分ごとに限度額(区分支給限度額)が定められています。
限度額の範囲内で在宅サービスを利用したときの自己負担は1割ですが、限度額を超えたサービスの利用は、全額自己負担となります。

※以下のサービス(介護予防を含む)については、限度額に含まれません。
居宅療養管理指導、特定施設入居者生活介護、施設サービス(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型施設)、認知症対応型共同生活介護(短期利用の場合を除く)、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

要支援状態区分 支給限度額(月額) 自己負担額
要支援1 49,700円 4,970円
要支援2 104,000円 10,400円
要介護状態区分 支給限度額(月額) 自己負担額
要介護1 165,800円 16,580円
要介護2 194,800円 19,480円
要介護3 267,500円 26,750円
要介護4 306,000円 30,600円
要介護5 358,300円 35,830円

※表中の金額はあくまでも目安です

福祉用具購入費・住宅改修費(介護予防含む)の支給限度額

自己負担額
福祉用具購入費支給限度額 年間(毎年4月1日から1年間)で、10万円(保険給付は9万円まで)となります。
住宅改修費支給限度額 1つの住宅につき、20万円(保険給付は18万円まで)となります。

ページトップへ