ケアプラン

要支援、要介護に認定されたご本人や家族の希望に添ったサービスを適切に利用できるよう、介護サービスの種類や内容を定めた「介護サービスの利用計画」のことをケアプランと言います。
これは、ご本人や家族の心身の状況や生活の環境などに配慮して作成し、利用者の心身の状態の変化などに配慮し、常に適切なサービスが利用できるように随時変更されます。

ケアプランは必要ですか?
介護保険で介護サービスを受けたい場合は、基本的にケアプランが必要になります。
ケアプラン無しで介護サービスを受ける場合は、介護保険が適用されないため一時全額自己負担となります。
後から申請を行い返金してもらう償還払いとるため、はじめからケアプランを用意しましょう。
だれがケアプランを作成しますか?
基本的に、ケアプランはご自分で作成しても大丈夫です。しかし、細かい介護サービスなどは、専門知識がないとうまく作成ができません。要介護者の方は、居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)さんを探し、ケアプランの作成を依頼しましょう。

介護保険は基本的に利用者本位

介護サービスの利用については自己決定が原則となっていますので、居宅で介護を受けるか、施設に入所するかということをはじめ、要介護状態のランクに応じて、本人や家族が利用するサービスを自分で選ぶことができます。

介護サービスを選ぶときはケアマネジャーがすすめるサービスや事業者を利用しがちになってしまいます。
ケアマネジャーの意見を参考にしながら、ご家族で事業者ごとの特長などをよく調べ、介護サービスを選択することが大切です。

ケアプランの作成依頼

ケアプランの作成依頼

ケアマネージャーを決めて、ケアプランの作成を依頼しましょう。

次へ

状態の把握

ケアマネージャーがご自宅を訪問します。
ご利用者本人や家族と面接し、抱えている問題点や解決すべき課題を分析します。

次へ

ケアプランの原案を作成

サービスの種類・内容・利用料などサービスを利用するご本人の希望や心身の状態をよく考慮して、ケアプランの原案を作成します。

次へ

介護サービス業者と調整

介護サービス事業者と連絡をとり、空き状況やサービスの内容確認を行います。
また、ご利用者の希望とサービス事業者の状況が合っているか調査します。

次へ

ケアプランの作成

介護サービスの種類・回数などを盛り込んたケアプランを作成します。

次へ

ケアプランの確認・同意

作成したケアプランの内容について、再度ご利用者本人と家族に確認をしていただきます。
内容に問題が無ければ決定となります。

次へ

サービスの利用開始

ケアプランに基づいてサービスが開始されます。
サービス開始後もケアマネージャーが定期的に訪問し、ご利用者本人やご家族の状況に応じてケアプランを見直します。

次へ

ケアプランの変更について
ケアプランは定期的に変更できるようになっています。そして、その途中であっても内容の変更の必要性がある場合は希望により変更することができます。サービスを見直したいときや新たに希望したいときなどは、介護支援専門員(ケアマネージャー)に相談しましょう。

ページトップへ